マリンアクションの日

毎月第一土曜日は、マリンアクションの日!

マリンアクションのテーマは、海のための小さな行動を気軽に起こすこと。

そして長く続けること。

そんな思いから、毎月第一土曜日を「マリンアクションの日」としました。

どんなに小さいことでも大丈夫、気軽にやって、気軽にシェアしましょう!

 

 

【マリンアクションの日への参加方法】

①まずはアクション
小さなことでも大歓迎!詳しくは下記にご紹介しています。
②ハッシュタグをつけて投稿
マリンアクションをしたら、#marinaction #マリンアクション をつけてInstagramやFacebookに投稿!

③仲間のアクションを応援
ハッシュタグをチェックして、頑張っている仲間を応援!

 

今月のマリンアクション】

私たちが行なってきた「マリンアクション」の、ほんの一例をご紹介します!

とっても簡単なもの、やってみると快適なものもたくさんあります。

 

アクションの参考にしていただけたら幸いです。また、ハッシュタグ&投稿で、あなたのマリンアクションも教えてください!


お出かけごはん編

マイバッグ、水筒、ランチジャー、マイカトラリーを使う。
使い捨て容器に入っているお惣菜・ペットボトルは買わない、使い捨ての割り箸やスプーンをもらわないことで、脱プラスチック&省エネに。


おにぎりを手作り&葉っぱで包む。
使い捨て容器に入っているお惣菜・ペットボトルは買わない、使い捨ての割り箸やスプーンをもらわないことで、脱プラスチック&省エネに。


マイタンブラー持参。使い捨てコップや蓋をもらわない。
ゴミを減ら背て、その上割引してもらえることもあり、いいことづくめ。コンビニの場合にはマシンにタンブラーが入らないことも多いのですが、ローソンはタンブラー利用OKです。



海のお出かけ編

海に優しい日焼け止めを使う。
多くの日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤、実はサンゴにダメージを与えてしまうそう。紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めを選ぶと、海への影響が減らせます。写真の日焼け止めは、缶と木でできたケースに入っていて、脱プラなのも良いところ。


マスクの曇り止めには、草や海藻を。
マスクの曇り止め、大抵の物は洗剤と同じ成分。使うとそのまま海に流れてしまいます。そこで、草や海藻で曇り止めして、海に優しい方法での曇り止めを。意外と効きます!


もちろんゴミ拾い!
大好きな海と、海の生き物たちを、海のゴミから守ろう!お出かけ前に、ゴミの分別方法や捨てられる場所がチェックできるとさらに完璧・・・!?



毎日のごはん編

ビニル袋に入っていない野菜を買う。
こんなふうに野菜が買えたら嬉しい!小さな商店など、なるべくビニル袋に入っていない野菜を売っているお店を選んだり、スーパーの場合はバラ売りの野菜を選んだりと一工夫。


賞味期限が短い食品を買う。
賞味期限が切れた商品の多くは、そのまま廃棄されてしまいます・・・すぐ食べる予定がある場合には、なるべく賞味期限の短いものを選ぶことで食品ロスを減らし、資源の節約に。


環境に配慮している食品を選ぶ。
例えば海産物であれば、MSC認証・ASC認証など、自然環境への影響を考えたものを買うことで、少しでも海に優しい選択ができます。写真は、MSC認証のタラコを使ったパスタです。


テイクアウトの時に、マイ容器やお鍋を持っていく。
ご近所であれば、お鍋を持っていってお持ち帰り。写真の時はカレーをテイクアウト。そのまま温めることもできてとっても便利、その上脱プラスチックといいことづくめ。


ラップの代わりに、お皿。
お皿をかぶせれば、ラップを使わずに保存できます。ガラスや陶器なら、被せたままでレンジでチンも大丈夫。複雑な形の物には、みつろうラップも使えます。


汚れたお皿は、葉っぱや野菜クズで拭ってから洗う。
油汚れをそのまま洗うと、洗剤をたくさん使うだけでなく、その油が海に流れてしまい、全部浄化されないので海に流れてしまいます。あるもので拭ってから洗うと、海への影響が減らせます。



毎日の暮らし編

持っている服を、自然のもので染めてみる。
色褪せてきた服を、藍染でリニューアル。また、石油からできている化学繊維の廃棄を少なくすることで、海洋プラスチックゴミを減らせる可能性も。


物を、長く大事に使う。
例えエコグッズだとしても、たくさん買えばそれだけエネルギーを消費してしまい、エコの意味がなくなってしまうそう。物を大事に長くことは、大切なマリンアクション。


洗剤を使わず、マグネシウムやホタテパウダーでお洗濯。
マグネシウム粒と一緒に洗ったり、ホタテパウダーを入れたりすることで、洗剤を使わなくても洗濯ができます。写真は、マグネシウム粒を入れて袋に入れて作った、手作り洗濯グッズです。


自然素材の歯ブラシを選ぶ。
歯ブラシも、海で見つかるプラスチックゴミの中によく見つかります。自然素材のものを選べば、海洋プラスチックゴミを削減できる可能性があります。(国内で正しく分別しても、再利用されるのは3割にも満たないとも言われています)


歯磨き粉を手作り。
歯磨きチューブは、もちろん使い捨てプラスチック。自然素材で手作りすれば、体にも海にも優しく、海洋プラスチックゴミも減らせる可能性があります。


ご近所のゴミ拾いで、街も海もきれいに。
海ごみの約8割は、なんと街から流れたり飛ばされたりしてきているのだそう。海の近くでなく街をきれいにすることも、海を大切にすることにつながるのだそう。お散歩やゴミ捨てついでに、ちょっぴりゴミ拾い。また予定の合う方はぜひ、オンライン・クリーンアップにご参加ください。


 

他にもこんなマリンアクションがあります・・・!

・節水や節電を意識する。

・車をやめて、電車やバスを使う。

・エレベーターよりはエスカレーター、エスカレーターよりは階段を選ぶ。

・やむを得ず出てしまったビニル袋は再利用。
・電力会社を、自然エネルギー利用率の高いところにする。
・保護猫を飼う。詳しくはこちら

 

・・・などなど、身近なところにマリンアクションはいっぱいあります。

もちろん、家でも旅先でもどこでも、きっとその時のマリンアクションが見つかるはず。

さあ、みんなで「Let's マリンアクション!」

 

●Supporters

●Link

↑最新の活動状況はこちら!!
↑最新の活動状況はこちら!!